香川・高松の弁護士による離婚・慰謝料相談

HOME/ 弁護士費用・サービス
相談表ダウンロード
玉藻総合法律事務所

〒760-0022
香川県高松市西内町7−14

087-811-0870

弁護士費用・サービス

当事務所では、それぞれの段階ごとに、以下のようなサービスメニューをご用意しております。

 費用は、いずれも標準的な場合の目安となります。事案の内容によって、増減額させていただく場合がありますが、その場合は受任の際にご説明させていただきます。
 価格はいずれも税込表示です。

Ⅰ 法律相談

初回相談  5,500円 / 45分 以後 2,750円 / 15分
2回目以降  5,500円 / 30分

なお、各種サポートをご依頼される場合には、当日のご相談料はいただいておりません

 

Ⅱ 代理サポート

弁護士が代理人として、相手方との協議・交渉、調停、訴訟等を行います。

1 離婚事件

ア)着手金について

手続き着手金報酬金
離婚※1  協議交渉44万円44万円~
調停44万円44万円~
訴訟55万円55万円~

※1 有責配偶者からの離婚請求の場合、事案に応じて、着手金・報酬金それぞれに11万~22万円を加算させていただく場合がございます。

※2 親権または面会交流が争点となる場合には、事案に応じて、11万円を加算させていただく場合がございます。

※3 財産分与や慰謝料、婚姻費用など、金銭給付が争点となる場合には、事案に応じて、11万~22万円を加算させていただく場合がございます。

 協議交渉及び調停段階の着手金は、上限66万円となっております。争点が多岐にわたる場合でも、右金額を超えることはございません(子の監護者指定・引渡の審判を除く)。

 

イ) 報酬金について

基本報酬成功報酬
1.親権 

 協議交渉、調停

⇒44万円

 訴訟

⇒55万円

+11万~22万円(調査官調査の結果、親権を獲得した場合のみ)
2.養育費+2年分の債権総額の11%
3.面会交流+11万~22万円(実質的な争いがある場合のみ)
4.婚姻費用+経済的利益※5の11%(2年分を上限)
5.財産分与+経済的利益※5の11%
または22万円のいずれか高い方
6.慰謝料+経済的利益※5の11%
7.年金分割+0円(ただし、按分割合が争点となる場合は、11万~22万円を加算※6

※5「経済的利益」の内容は、原則として、受任時に協議の上、決定させていただきます。なお、経済的利益が非常に高額となる場合には、事案に応じて、報酬を減額させていただきます。

※6 年金分割の按分割合について争いがある場合(通常の按分割合である0.5を争う(争われる)場合)は、事案に応じて、11万円〜22万円を加算させていただきます。

 

2 離婚とは別に、以下の事件を扱う場合

離婚成立後や当面は離婚しない場合など、離婚自体は問題となっていない以下の事件について、弁護士が代理人となってサポートします。

着手金報酬金
1.婚姻費用 

1件につき、33万円

複数の事件を同時に行う場合

⇒2件目以降、11万円を加算

 

上記1イ)と同じ
(最低報酬額33万円)

2.養育費
3.財産分与
4.慰謝料
5.面会交流33万円
6.親権者変更44万~66万円基本報酬 44万円
成功報酬 上記に22万~44万円を加算

 

3 子の監護者指定・子の引渡し

別居の際、一方が子どもを連れて出て行ってしまったなどの場合に問題となります。

着手金基本報酬※1成功報酬※2
審判(保全なし)44万円44万円基本報酬と同額
審判(保全あり)55万円55万円

 

※1 依頼者の意思で事件が終了した場合(取下げを含む)でも、基本報酬44万円が発生します。成功した場合は、基本報酬と同額の成功報酬を別途加算させていただきます。
※2 成功 … 裁判所が依頼者の主張を認めた場合や、相手方がこちらの要求(取下げ・任意の引渡し等)を受け入れる対応をして事件が終了した場合

 離婚事件の代理サポートと合わせてご依頼される場合の費用については、別途ご相談ください。

 

Ⅲ 継続相談バックアッププラン

費用

 11万円 / 3か月

* 最長6か月まで
* 以後1か月延長するごとに33,000円

内容

  • 資料のコピーや相談記録を保管し、上記期間内に合計6時間(延長の場合は1か月に合計2時間)の法律相談をご利用いただけます。ご来所での相談のほか、メールや電話、オンラインによるご相談も可能です。応答手段はご指定いただけません。
  • 相手方との交渉・接触は含まれません。
  • 離婚協議書などの各種書面の作成については、別途費用が発生します。
  • 本プランから、途中で代理サポートに移行する場合は、月額33,000円として計算し、残りの期間に相当する金額は、代理サポート費用に充当させていただきます。
  • 審判・訴訟のいずれかが裁判所に係属している場合は、本サポートはお受けできません。

対象となる方・メリット

  • 弁護士に対応してもらうほどではないけれど、自分だけで判断・対応するのは不安だという方、弁護士に依頼するのが費用的に難しいと考えている方におすすめです。
  • 弁護士がついていることが相手に分かりません。
  • 法律相談の予約を取って面談しなくても、メールや電話等により、弁護士から直接アドバイスを受けられるので、遠方にお住まいの方や、お仕事をされている方、小さなお子様連れの方にもおすすめです。
  • 代理サポートに比べて、費用が低額です。

 

Ⅳ 離婚協議書・公正証書作成サポート

費用

離婚協議書の作成  16万5000円

 公正証書を作成する場合は、上記金額に55,000円を加算させていただきます。

内容・対象となる方

  • 当事者間で離婚条件について合意が成立している方が対象となります。
  • 当事者間で取り決めた合意内容をお伺いし、弁護士が離婚協議書を作成いたします。離婚協議書には、弁護士名は記載されません。
  • 相手方との交渉・接触は含まれません。相手方との交渉等を要する場合は、代理サポートをご利用ください。
  • 公正証書を作成する場合は、弁護士が作成した離婚協議書をもとに、公証人との事前打ち合わせ、公正証書の文案調整等を弁護士がサポートいたします。公正証書作成にかかる実費が、別途必要となります。

 

Ⅴ アフターサポート

年金分割の審判や、子の氏の変更許可審判など、離婚後に必要な手続きについて、弁護士が代理人となってサポートします。

* 離婚の代理サポートのご依頼の有無によって、費用が異なります。

1 年金分割の審判

着手金報酬金
代理サポートある場合5万5000円0円
代理サポートない場合16万5000円0円

 年金分割の按分割合について争いがある場合(通常の按分割合である0.5を争う場合)は、別途ご相談ください。

 

2 子の氏の変更許可の審判

父母が離婚した場合、子どもは当然に親権者の戸籍に入るわけではありません。

そのため、父母の一方の戸籍に入っている子を、自分の戸籍に入れるには、原則として、家庭裁判所に「子の氏の変更許可審判」の申立てを行い、許可を受けた後、役所に入籍届を提出する必要があります。

着手金報酬金
代理サポートある場合3万3000円0円
代理サポートない場合7万7000円0円

 

Ⅵ 不貞の慰謝料請求サポート

着手金報酬金
示談交渉22万円経済的利益の16.5%
または165,000円のいずれか高い方
訴訟44万円~55万円経済的利益の22%
または22万円のいずれか高い方

* 請求金額が400万円を超える場合など、事案に応じて、上記着手金を増額させていただく場合があります。その場合は、受任の際にご説明させていただきます。
* 不貞相手と(元)配偶者の両方に対して慰謝料請求する場合の費用については、別途ご相談ください。
* 離婚に付随して、配偶者に対し慰謝料請求する場合の費用については、上記代理サポートの費用一覧をご覧ください。

ページトップ